【本好き必見‼】Kindle Unlimitedをおすすめしない理由⁉メリット・デメリット教えるよ。

この記事には広告を含む場合があります。
記事内で紹介する商品を購入したりサービスを利用することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。



kindle unlimitedは他に類を見ないサービスです。

一番の特徴はよめる本の数が圧倒的に多いこと。


使ってみたいけど、良いサービスなんだろうか?

「使ってみて損したくないな」という方は少なくないと思います。

ネットではメリットや良いという評判ばかり。

でも、良い評判しかないというのは心配の種になりますよね。

デメリットも分かった上で申し込みたいと思われるのではないでしょうか。

この記事では、次のことが分かります。


  • Kindle Unlimitedとはどんなサービスか?
  • amazonが提供する他のサービスとの違い
  • Kindle Unlimitedのデメリット・メリット
  • おすすめしない理由・おすすめできない人
  • おすすめする理由・おすすめする人
  • 口コミや評判・実際に使ってみた感想


ここでは、メリットだけではなくデメリットも大きく取り上げます。

「そうそう!それが良くないのよ!」「それは知らなかった…」

という情報や口コミ、私も使っているので使用感も含めて書いていきます。

デメリットになることもあるんですが、メリットも多い良いサービスです。

それでは…いってみよ!!

Kindle Unlimitedってどんなサービス?

Kindle Unlimitedとはamazon Kindleが提供している電子書籍のうち、200万冊以上が読み放題になるサービスです。

小説、ビジネス本、漫画、雑誌など幅広いジャンルで楽しむことができます。

Kindle端末だけではなく、スマートフォン、タブレット、PC、Macなど色んな端末で利用することができます。

一つのアカウントで何台でも登録することができますが、同時に接続してダウンロードできるのは6台まで。

つまり、登録自体は100台でも登録は可能なんですが同じ書籍を7台目のデバイスではダウンロードできないということです。

ほとんどの方はそんなにたくさんの端末をつなげることは無いと思います。

でも、家族みんなで利用するとなると中には登録台数が増える方もおられるのではないでしょうか。

家族みんなで一つのアカウントを共有する時にデメリットが生まれてしまうことがあります。
(共有するデメリットを先にみる方はこちらへ)

では、Kindle Unlimitedと他のAmazonが提供しているサービスはどう違うのでしょうか?

Kindleとkindle Unlimitedって違うの?

kindleとkindle Unlimitedは違います。

kindleは電子書籍を購入するサービスになりますが、kindle unlimitedは読み放題のサービス(サブスクリプション)になります。

Kindleで購入したものは保存されていつでも読めるのに対して、Kindle Unlimitedで読んだものはサービスを解約すると読み返すことができなくなります。

Kindle UnlimitedとPrime Readingも違う?

Kindle UnlimitedとPrime Readingも違います。

まずPrime Readingはプライム会員のみのサービス。

かかる費用や読める雑誌が違います。

対象になる本もKindle Unlimitedは200万冊以上読めるのに対して、1000冊以上ということですから2000倍違うということになり大きな差があります。

KindleKindle UnlimitedPrime Reading
価格電子書籍の値段980円プライム会員なら追加料金なし
対象者アマゾン会員なら購入可能アマゾン会員ならだれでも加入可能プライム会員限定
タイトル数アマゾンの電子書籍の数200万冊以上1000冊以上
サービス購入読み放題読み放題
amazon 電子書籍まとめ
su-zi
su-zi

プライム会員は他にもメリットがあるから電子書籍に特化しているKindle Unlimitedとは違うんだね

Kindle Unlimitedをおすすめしない理由・おすすめしない人

Kindle Unlimitedは良い点が多いのでネット上での評判も良いものが多いです。

本当に良いサービスなんですが、しかし、メリットは裏を返せばデメリットにもなるでしょう。

続いておすすめできない理由とおすすめできない人を紹介していきます。

Kindle Unlimitedをおすすめしない理由・デメリット

200万冊を超えて本を楽しめるサービスでも、やはりデメリットはあります。

一つ一つ考えて行きましょう。

使い勝手が悪い…読みたい本を探しにくい

Kindle Unlimitedのデメリットの一つ目は、その本の多さと比例して読みたい本を探しにくいということです。

また、200万冊という膨大なタイトルの本があってもつまらない本が多いという印象をもっている人も少なくないようです。

私自身このサービスを使っています。

つまらない本が多いとは思いませんが、本のタイトルの多さから良書を探すのが難しいと感じます。

もちろん検索して探す機能はありますが、簡単なキーワードで検索するとヒットする本が多すぎると感じるでしょう。

読みたい本を探すのに時間がかかってしまうというのはデメリットと言えます。

読み放題ではないものを間違って買ってしまいそう

Kindle Unlimitedを使っている時はログインしている状態になっていますから気を付けていないと、読み放題だから読もうとした本まで間違えて買ってしまうということも起こりえます。

なぜなら、特定のキーワードを入れて検索にかけるとKindle Unlimitedの対象の本だけではなく、Kindleとして購入しなければ読めない本も同時に抽出されてしまうからです。

読み放題の対象になっているかどうかという点は都度、確認しながら利用しなければいけないでしょう。

hi-zi
hi-zi

キーワード検索すると読み放題と購入の電子書籍が併せて出てくるから気を付けないとね……

見たくないおすすめ商品が表示される可能性あり‼

購入や閲覧した本に関係した「閲覧履歴に基づくおすすめ商品」が表示されてしまうというデメリットもあります。

これは200万冊を超える本の中から表示されるので探す大変さをカバーした良い点で便利ではあるのですが、自分の読んでいる内容を他の人に知られたくない人もいるのではないでしょうか。

特に、家族で一つのアカウントを共有している場合に困ります。

Kindle Unlimitedには、様々なカテゴリーの中から本が選べます。

それで、家族の中でアカウントを共有していると配偶者や子どもたちには見せたくないコンテンツがプライバシーとして知られたくなくてもおすすめに表示されることもあるでしょう。

子どもたちに本を読んで知識を取り入れて欲しいと思う場合でも、このサービスを使わせるかどうかは慎重にならざるを得ないと思います。

どんな人にはおすすめできないか?

書いてきたデメリットを踏まえた上でどんな人にはおすすめできないでしょうか。

自分が当てはまっているかどうか確認して考えてみてください。

忙しくて本を読む時間がない人

本を読むサービスですから、忙しくて本を読む時間を持つことができない人にはこのサービスはおすすめできません。

図書館に行くよりは時間短縮になりますが、本を読むサービスである以上、読む時間を取れる人にこそおすすめできるサービスです。

読書量が少ない人・あまり本を読まない人

Kindle Ulimitedは980円の費用が毎月発生します。いつでも辞められるのは良い点ですが、あまり本を読まない人はいつまにか忘れていたということになりかねません。

月に1冊の本では980円より安い本だと、購入した方が安いということになります。

Unlimitedは月々980円です。

年間で計算しますと11760円の費用になります。

サブスクとしての費用ですから、月に1冊も本を読まなかったとしても費用が割引になったり解約時に日割り計算されることもありません。

ですから、本を読む頻度が低いかたにもおすすめしないサービスです。

読みたい本が読み放題にない人

200万冊が読み放題でもその中に読みたい本が無ければメリットがないということになります。

費用が発生し続けるサービスですから読みたい本を購入される方が良いということになるでしょう。

Kindle Unlimitedは、対象が毎月変化します。

ですから、今月読み放題の対象に含まれていたとしても来月もそのまま本を読めるという保証はありません。

逆に言うと、来月は読みたいものが対象になる可能性もありますが不確定な部分です。

総合的に見て、サービスを十分活用して本を楽しめるかどうかがカギになるでしょう。

漫画メインで読む人

漫画メインの人もおすすめできません。

それは、漫画を全巻読めるタイトルはほとんどないからです。(いくらかはあります‼)

また、新刊ももちろん対象外です。

人気マンガを全巻読みたければ結局は電子書籍か本を購入することになります。

それで、漫画メインの人にはおすすめできないということになります。

雑誌しか読まない人

雑誌がメインで他は読まないという方にもおすすめできないと感じました。

雑誌がメインであれば、雑誌のサブスクとして楽天マガジンやdマガジンの方が安くサービスを使えるでしょう。

これらの方が雑誌を探す時には探しやすいですし、料金に関しましてもKindle Unlimitedより半額以下ということもあり単価も安く使うことができます。

雑誌メインの方には他のサービスをおススメします。

雑誌のサブスクの比較をご覧ください。

Kindle Unlimitedをおすすめする理由・おすすめする人

多くの人が言っているようにメリットもたくさんあります。

特に、沢山の本を読む人にとってはこんなに良いサービスは他になかなか見つからないです。

200万冊の中から選べて、980円で使い放題

Kindle Unlimitedのメリット

このサービスの良いところもとりあげます。

30日間の無料体験ができる‼

初めて利用する方に限りますが、30日間の無料お試しをすることができます。

使ってみて自分で使用感を試してみてください。

30日間もお試しできますので、結局このサービスを普段使いするかどうかという点も分かるでしょう。

携帯電話のような縛りもありませんので、安心してお試しすることができます。

本好きにはたまらない‼読み放題のサービス‼

本を読むことが好きな方にとっては本当に安くて便利なサービスです。

タイトルが多すぎて探すのが難しいほどありますから、気になるものをどんどん読んで合わないと思ったらすぐに本を削除してしまえば良いんです。

本屋で立ち読みしなくても、自宅で好きな本を探せるので本当に便利に使えます。

有名作や人気作も読み放題

中には、「自分の読みたい本がない」と思われる方もいるようですが私は結構、読みたいものはみつかります。

その中に有名な本もたくさんありますし色んなジャンルの本も充実していますので、ビジネスマンから主婦の方まで本好きなら満足のサービスと思います。

どんな人におすすめか?

色んなジャンルの本を読む人・好みを広げたい人・気軽に本を読みたい人

色んなジャンルを読む人にはこのサービスはおすすめできます。

幅広いラインナップですし、タイトルの多さは最高と言えるほど充実しています。

また、これまで読んだことのないジャンルを最初にとっかかってみるということのハードルも低いです。

なぜなら、読み放題のサービスだからです。

気軽に本を読みたい人

「買ってみたものの読まなかったら」とか「興味はあるんだけど選ぶ本で失敗したくない」などと心配する必要はありません。

読まなかったら削除、この本はおもしろくないと思ったら削除でOKです。

本をたくさん読む人

本をたくさん読む人にとっては「とにかく安い‼」ということになります。

「同じだけの読書量で本を買うことを考えるといったいいくらになるんだろう?」と考えてみますと、読み放題のサービスはメリットが大きいでしょう。

Kindle Unlimitedの口コミ・評判は?

Kindle Unlimitedを使ってみて、私は本当に良いサービスだと思っています。

たしかに本を読まない人にとっては意味がありませんが、なかにはこれで読書の習慣がつく人もおられるはず。

気軽さとコスパで使わない手はないかと個人的には思っています。

でも、色んな方の意見も気になると思います。

そこで悪い口コミと良い口コミを見てみましょう。

悪い口コミ

良くない口コミももちろんあります。

探してみると、やはり検索が使いづらいっていうのは多くの人が思っている様子でした。

Twitterでの口コミですが、検索して探していると良くなかったということをつぶやいている方にAmazonの方が返信しておられました。

具体的にどこが良くないか教えて欲しいと。

私はこういうのってスゴく良いと思うんですよ‼

Amazonがユーザーの方を向いてサービスを向上させようとしているんだなと思いました。
今後のKindle Unlimitedもさらに期待できるなと思いました。

良い口コミ

良い口コミもたくさんあります。

やっぱり本を読む方には良いサービス‼

まとめ

Kindle Unlimitedは検索面で使いにくさを覚える方もおられますが、200万冊も読み放題になる充実したサービスです。

デメリット・メリットも感じた点を踏まえて紹介しましたが、自分に合うかどうかを考える上でも無料お試しをしてみるのも良いのではないでしょうか。

本は先人達の知恵の宝庫ですから、気になる本はたくさん読んでいきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました