【比べて分かる】楽天ブックスと楽天マガジンの違いを詳しく解説

この記事には広告を含む場合があります。
記事内で紹介する商品を購入したりサービスを利用することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

同じ楽天の中なのに、内容が一緒に見えるサービスが別で存在している……と感じられたことはありませんか?

楽天マガジンと楽天ブックスもその一つではないでしょうか。

似たサービスなら、

「どっちで買えば安いの?」

「何が違うの?」

と感じられると思います。

このページでは、楽天ブックスと楽天マガジンの違いについて詳しく説明します。

まずは、簡単な比較です。

楽天ブックス楽天マガジン
サービス内容紙の本が買える
オンライン書店
雑誌のサブスク
定額で1200誌以上が読み放題
楽天ブックスと楽天マガジンの簡単比較表

楽天ブックスと楽天マガジンの違いを解説

サービスの違い

su-zi
su-zi

楽天マガジンは雑誌だけで、ブックスなら何でも買えそうなイメージが湧くね。

hi-zi
hi-zi

楽天マガジンはサブスクで読み放題、楽天ブックスは紙の実物が届くサービスだよ。

楽天マガジンはサブスクのサービスです。

月額or年額で定額の料金が発生しますが、対象の雑誌の中から電子書籍としてダウンロードできどれだけ読んでも読み放題になります。

一方、楽天ブックスはオンライン書店という位置づけのサービス。

webブラウザでは、楽天ブックスのタブに楽天マガジンがありますがアプリは別々となっています。

楽天としても別のサービスと考えているということでしょう。

楽天ブックスでは、実際の書店で販売されている紙の雑誌や本が購入できます。

他にも、CDやDVD、ゲームやパソコンソフトや周辺機器まで買えます。

楽天ブックスはオンライン書店のサービス。

楽天マガジンは雑誌が読み放題のサービス。

バックナンバーはどうなる?

楽天ブックスは、在庫がある限りバックナンバーも注文することができますが、紙の雑誌なので在庫がなくなれば購入不可となります。

楽天マガジンは電子書籍なので在庫切れの心配はありませんが、配信期限がすぎるとダウンロードしていたとしても読むことが出来なくなります。

料金の違い

楽天マガジンは定額制で、通常価格は月額が418円(税込)です。

年払いを選ぶことも可能で3960円(税込)となり、月額と比べると1056円も安く使えます。

楽天モバイルを利用しておられる方は30%OFFで利用できますし、他のキャンペーンもよく行っているので楽天マガジンは安く使い始めれる可能性が高いと言えるでしょう。

コスパを考えると楽天マガジンは圧倒的なサービス

一方で、楽天ブックスは書籍や雑誌を購入するのでもちろん商品によって値段は異なります。

こちらはポイント10倍などのキャンペーンをしている場合もあり、実物の雑誌や本を読みたい方には書店に出かけなくても買えるのでおススメのサービスです。

楽天ブックスは全品送料無料

本を購入する場合は、配送料が気になるところです。

その点、楽天ブックスなら全商品が送料無料。

配送方法は選べませんが、普段から実物の本や雑誌を買われる方には書店に出向く移動時間や費用もかからないおトクなサービスといえます。

メリットの違いについて

楽天ブックスにも楽天マガジンにもそれぞれメリットがあります。

su-zi
su-zi

それぞれのメリットで考えてサービスを使おう‼

楽天マガジン

  • 電子書籍なので場所を取らない
  • 定額で読み放題
  • 費用が安い
  • 追加費用がかからないため気軽に新しい雑誌をみることができる

楽天マガジンは圧倒的にコスパが良いため、気軽にはじめることができます。

実物の雑誌のように、部屋でかさばることもありません。

楽天ブックス

  • 全品送料無料
  • 付録ももらえる
  • SPUの対象(条件あり)
  • 配信期限を気にする必要がない

楽天ブックスのいいところは、付録ももらえるという点。

そして、付録付きの雑誌をwebサイトから探すことができます。

楽天マガジンを含む電子書籍サービスでは、付録を手に入れることはできません。

良さそうな付録がついている雑誌を買いたいなら送料無料で届く、楽天ブックスがおススメです。

ポイントの違い

楽天ブックスでも楽天マガジンでも楽天ポイントは使うことも貯めることもできます。

SPUに関しては楽天ブックスにメリットがあります。

楽天マガジン楽天books
楽天ポイント 使う
楽天ポイント 貯まる
SPU(ポイントアップ)×〇 月に1回、3,000円(税込)以上の購入でSPUが
+0.5%UP
ポイント比較

楽天ブックスの+0.5%UPを維持するためには、毎月3000円(税込)以上の購入が必要です。

上限があり、月間獲得上限が500ポイント。

2023年12月1日より、変更がありました。

上記の表はそれを反映させてものになります。

アプリの違い

hi-zi
hi-zi

どちらもアプリがあります‼

でも、楽天ブックスはwebからがおススメ。

楽天ブックスと楽天マガジンは全く別のアプリです。

楽天マガジンは雑誌の表紙が見やすいサイズで表示され、読みたい雑誌が探しやすい仕様になっています。

ダウンロードして読むのもアプリで完了しているので使いやすい印象。

楽天ブックスは、どちらかというとアプリよりwebサイトを開いた方が使いやすく感じました。

アプリで商品をタップすると、詳細ページが表示されます。

その画面の文字が小さくて読みづらく感じました。

実物が届くサービスですから、webサイトから注文する方が見やすいと思います。

楽天マガジンはアプリの操作が行いやすく、アプリを使うのがおススメ。

楽天ブックスはアプリよりもwebサイトの方が文字のサイズの関係で使いやすい。

まとめ

楽天マガジンと楽天ブックスは違うサービスでした。

楽天ブックスは紙の本や雑誌が配送料無料でとどくサービス。

  • 紙の媒体にこだわる人
  • 付録が欲しい人

上記の様な人におススメ。

楽天マガジンは雑誌が読み放題になるサービスです。

対象誌も広くて、色々な雑誌を人目や費用を気にせず読むことができます。

便利ですし、メリットも多くて辞められなくなるサービスです。

楽天マガジンには、無料期間もありますのでお試しで利用してみるのもおススメです。

楽天マガジンには、無料お試しだけでなくポイントがもらえたり料金が安くなるキャンペーンが開催されることも少なくありません。

開催中のキャンペーンについてはこちらをご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました