【2024年最新‼】楽天koboの専用端末の徹底比較と選び方 おすすめランキングも紹介

この記事には広告を含む場合があります。
記事内で紹介する商品を購入したりサービスを利用することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

スマホやタブレットで電子書籍を読み続けていると、

「肩こりや目の疲れ」に悩まされるということはありませんか?

電子書籍はおトクですし、本棚をどこにでも持ち歩いているような感覚で手放せないですよね。

楽天koboの専用端末を利用することで解決できるかもしれません。

あなたにピッタリの楽天kobo専用端末を検討して、これからも電子書籍を楽しんでください。

楽天koboの専用端末は5機種のみ。

でも、

「機種による違いがイメージできない」

「どれを選んだらよいか分からない」

と迷ってしまったのではないでしょうか。

この記事では、楽天koboの専用端末を比較しながら紹介します。

そして、

「どんな場面で電子書籍を読む場合が多いのか」

「どんな人がどの機種を選べば良いのか」

おススメもお伝えします。

この記事では、次のことが分かります。

  • 楽天kobo専用端末5機種の特徴と比較
  • いつどこで電子書籍を楽しんでいるか、値段や機能で選ぶべき機種
  • 専用端末のおススメランキング

結論からお伝えしますと、

当ブログで一番おススメするのはkobo libra 2

楽天ブックス
¥25,800 (2024/04/08 01:07時点 | 楽天市場調べ)

楽天kobo端末(電子書籍リーダー)とは

楽天kobo端末とは、楽天の電子書籍サービスである楽天koboの専用端末のことです。

つまり、楽天koboを利用するための端末になります。

現在は5機種が発売されていて、それぞれに特徴があります。

su-zi
su-zi

まずは比較してみよう

【徹底比較】楽天kobo専用端末

どれが良いかを判断する前に、まずはスペックで比較してみましょう。

譲れない機能についてチェックするのに役立ててください。

楽天kobo専用端末の比較表

kobo niakobo clara 2Ekobo libra 2kobo sagekobo elipsa 2E
価格14,800円20,900円25,800円36,800円54,800円
ディスプレイサイズ・サイズ6.0インチ
159.3×112.4×9.2
(mm)
6.0インチ
159.0×112.0×8.5
(mm)
7.0インチ
161.6×144.6×9.0
(mm)
8.0インチ
181.4×160.5×7.6
(mm)
10.3インチ
227.3×192.8×7.9
(mm)
メモリ容量8GB16GB32GB32GB32GB
重さ172g170g215g240.8g386g
ライトフロントライトフロントライト
ナチュラルライト
フロントライト
ナチュラルライト
フロントライト
ナチュラルライト
フロントライト
ナチュラルライト
防水××
備考スタイラスペン対応スタイラスペン付属・対応

【全5機種】楽天kobo専用端末の各モデルの魅力を紹介

Kobo nia

kobo niaは、楽天kobo専用端末の中で最安値の商品。

重さも172gと軽量。

kobo niaは、持ち運びの軽さにこだわる方や普段他の荷物が多くなってしまう方におススメ。

容量が8GBと比較的小さいので、マメにダウンロードした本を削除したりするのが苦にならないならOK。

楽天ブックス
¥14,800 (2024/04/08 01:07時点 | 楽天市場調べ)

Kobo clara 2E

kobo clara 2Eは、kobo niaとほぼ同じサイズ感で容量が16GB。

kobo niaから容量を大きくして、防水機能をつけたイメージです。

kobo clara 2Eは、2万円代前半で手に入りますからコスパにこだわりつつも、軽さにこだわる方におススメ。

防水なので、半身浴しながらゆっくり本を読みたい方にもGOOD‼

楽天ブックス
¥20,900 (2024/04/08 01:07時点 | 楽天市場調べ)

Kobo libra 2

kobo libra 2は32GBの容量があります。

特徴は、

「ページめくりボタン」「見開き表示」。

kobo libra 2は、「キッチンやお風呂でも本を読みたい人」や「マンガも読む人」におススメ。

濡れた手でページめくりしたい時に、ボタンがあれば画面を濡らさず読めます。(防水機能もあり)

見開き表示が可能なため、2ページにまたがったコンテンツでも見やすい。(ディスプレイの向きに合わせて表示が切り替わります)

楽天ブックス
¥25,800 (2024/04/08 01:07時点 | 楽天市場調べ)

Kobo sage

kobo sageは、充実の機能で満足度が高い。

「防水」「見開き表示」「ページめくりボタン」の機能付帯。

加えて、「書き込み」ができます。

kobo sageの特徴は書き込みができることです。

電子書籍にも通常の本のように、書き込んで勉強したい方におススメ。

ビジネスマンや本を読んでメモを取りたい方向け。

楽天ブックス
¥36,800 (2024/04/14 11:51時点 | 楽天市場調べ)

Kobo elipsa 2E

kobo elipsa 2Eはkoboの専用端末の最上位機種。

kobo elipsa 2Eには、スタイラスペン2が付属。(kobo sageにはついてない)

画面がもっとも大きく、「10.3インチ」

画面が大きいため書き込みしやすいと言えます。

防水機能は無いので趣味で本をたくさん読むというよりは、ビジネスマン向きの電子書籍リーダー。

楽天ブックス
¥54,800 (2024/04/14 11:51時点 | 楽天市場調べ)

楽天kobo端末の選び方

楽天koboの専用端末の特徴を紹介しましたが、具体的にどんな方にはどれが良いのでしょうか。

どんな場面で電子書籍を読んでいることが多いかで端末を選ぶのがおススメ。

使用シーンごとにおすすめの楽天kobo端末を紹介

価格にこだわる人はこれ‼

楽天ブックス
¥14,800 (2024/04/08 01:07時点 | 楽天市場調べ)

楽天koboの専用端末の中で最安値。

ただ、容量が小さく防水機能もありません。

通勤電車で使う方や持ち運んで出先で主に使う方には便利と言えます。

大画面で読みたい人はこれ‼

楽天ブックス
¥54,800 (2024/04/14 11:51時点 | 楽天市場調べ)

一番、画面が大きいのはkobo elipsa 2Eです。

もちろん、フォントサイズも変更可能ですから小さい画面の小さい文字が見えにくい方にはこちら。

大容量‼たくさんダウンロードしておきたい人はこれ‼

楽天ブックス
¥25,800 (2024/04/08 01:07時点 | 楽天市場調べ)

koboの専用端末で、たくさんダウンロードしておくことを考えておられる方はkobo libra 2。

32GB。

他の機種を含めて最大容量が32GBですから、容量にこだわる方にはこちらが良い。

防水機能あり お風呂やキッチンでも使いたい人

楽天ブックス
¥25,800 (2024/04/08 01:07時点 | 楽天市場調べ)

防水機能がついている機種は他にもあります。

ただ、手が水にぬれている状態で読むことを考えると

「ページめくりボタン」

があった方が便利と思います。

kobo libra 2は、「防水機能」「ページめくりボタン」があります。

書き込み機能あり 本に書き込んで勉強に使いたい人はこれ‼

楽天ブックス
¥54,800 (2024/04/14 11:51時点 | 楽天市場調べ)

大画面で書き込みしやすいのは、kobo elipsa 2E。

スタイラスペンも付属してくるので、勉強目的であればこちら。

その他の使用シーンは??

「使用場面なんて色々だよ。」

「とにかく一番使いやすいのがいい‼」

という方は、kobo sageを選ぶと良いと思います。

書き込み機能、防水機能、ページめくりボタン、見開き表示もできます。

楽天ブックス
¥36,800 (2024/04/14 11:51時点 | 楽天市場調べ)

機能性では、kobo sageが一番広く全ての機能が備わっています。

楽天kobo専用端末おすすめランキング

商品名価格備考
kobo libra 225,800円書き込みができないが他の機能あり
書き込みができるkobo sageとの価格差が1万円以上あることからコスパ◎
楽天
kobo sage36,800円全ての機能が備わっていて便利そう。
特に、本で勉強する人には書き込みができることは重宝するはず。
楽天
kobo elipsa 2E54,800円最上位機種で、大きな画面で見やすい。スタイラスペン付属だが価格高いため3位 楽天
kobo nia14,800円最安値なのでとにかく安いエントリーモデルを狙っている人には良さそう。 楽天
kobo clara 2E20,900円エントリーモデルから容量を大きくしたイメージ。 楽天

楽天kobo端末を利用するメリット

電子書籍リーダーを利用するかどうかの大きなメリットは2点あります。

電子書籍リーダーは目が疲れにくい

hi-zi
hi-zi

私は、スマホを見続けると目が疲れたり頭が痛くなったりするんだよね

su-zi
su-zi

電子書籍リーダーなら解決するかもしれません

目の疲れが軽減できる理由は、フロントライト方式だからです。

「疲れにくいディスプレイの秘密」

パソコンやスマートフォンなどの液晶モニターは、液晶を後面から照らす光が目に直接届くため、ずっと見つめていると、目や身体への負担が大きいと言われています。

楽天Kobo電子書籍リーダーは、電子ペーパーを前面から照らすフロントライト構造になっているため、疲れにくく長時間の読書には最適です。

楽天ブックス

目が疲れにくいということは、長時間画面を見て本を楽しめるということです。

疲れることなく、リラックスして本を読み続けることができれば最高ですよね。

バッテリーの心配が軽減

電話と同一の端末で電子書籍を利用していると、

「スマホのバッテリー切れ」という心配が出てきます。

スマホとは別端末で電子書籍を利用することによって、

「大事な時に電池切れで困る」

「モバイルバッテリーの持ち運びが面倒」

といった心配も解消できるかもしれません。

楽天kobo端末を利用した場合のデメリット

メリットの大きい電子書籍リーダーですが、電子書籍ならではのデメリットもあります。

カラーは表示できない

楽天koboの電子書籍リーダーは、カラー表示が出来ません

カラーでページが見たい方、雑誌などの写真をたくさん見たい方は電子書籍リーダーではなくタブレットで見ることをおススメします。

楽天kobo以外の電子書籍は利用不可

電子書籍を取り扱っているのは、楽天だけではありません。

例えば、amazonのKindleは有名で知っておられることでしょう。

しかし、Kindleで本を購入したとしても楽天koboの電子書籍リーダーでは読むことはできません

容量の増設不可

楽天koboの専用端末の容量は、最大で32GB。

もっと、たくさんの容量が欲しいという方もおられるかもしれません。

しかし、パソコンのように容量を増設することはできません

容量がいっぱいならダウンロードした本を削除して、違う本をダウンロードすることが必要になります。

まとめ:おすすめはこれ‼

楽天koboの専用端末で一般的に良さそうでおススメなのは、

kobo libra 2。

楽天ブックス
¥25,800 (2024/04/08 01:07時点 | 楽天市場調べ)

kobo libra 2が、使い勝手がよくコスパ◎です。

ただ、個人的にどれを選ぶかと言われると…

kobo sage。

楽天ブックス
¥36,800 (2024/04/14 11:51時点 | 楽天市場調べ)

やっぱり、本に書き込みができるのは記憶にとどめるのにも役に立ちますから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました