【何が違う??】楽天マガジンと楽天koboの違いを解説!!比べて見た結果

楽天マガジンと楽天koboの違いとは?詳しく説明。

この記事には広告を含む場合があります。
記事内で紹介する商品を購入したりサービスを利用することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

こんにちは。

色んなサブスクを紹介しているサブスクブロガーのsu-ziです。

雑誌のサブスクで有名な楽天マガジンですが、

楽天には他にも楽天koboという電子書籍のサービスがあります。

同じ楽天内の電子書籍のサービス

どんな違いがあるのか詳しく比べていきます。

まずは、簡単な比較です。

楽天マガジン楽天kobo
サービス内容雑誌のサブスク
定額で1200誌以上が読み放題
電子書籍を購入するサービス
約400万冊の中から買える
簡単比較表


楽天マガジンと楽天koboの違いを詳しく比較

サービスの違い

su-zi
su-zi

おなじ楽天で…どちらも電子書籍のサービス…何が違うの??

hi-zi
hi-zi

簡単に言うと楽天マガジンはサブスクの定額制、楽天Koboは電子版を購入するということだよ‼

楽天マガジンはサブスクのサービスです。

月額or年額で定額の料金が発生しますが、対象の中からどれだけ読んでも読み放題。

一方、koboは電子書籍を購入できるサービス。

約400万冊のラインナップの中から購入でき、読むことができます。

ただ、楽天マガジンは雑誌のバックナンバーも読めますが、配信停止になってしまえば期限がすぎると見ることができなくなります。

一方、楽天koboで一度購入しておけば同じ楽天アカウントであれば保存期間なしで読むことができます。

料金の違い

楽天マガジンは定額制で、通常価格は418円(税込)です。

楽天モバイルを利用しておられる方は30%OFFで利用できますし、他のキャンペーンもよく行っているので安く使い始めれる可能性もあります。

楽天Koboは、電子書籍を購入するのでもちろん本によって値段は異なります。

こちらも〇〇円OFFなどのセールで買える場合も多く、メリットがあります。

su-zi
su-zi

楽天koboは無料の本もけっこうあるみたいだね‼

楽天ポイントの違い

楽天マガジンも楽天koboも楽天ポイントが貯まりますし、使うことも可能‼

でもSPUには違いがあります

楽天マガジン楽天kobo
楽天ポイント 使う
楽天ポイント 貯まる
SPU(ポイントアップ)×〇 1回の注文で3,000円(税込)以上の購入が必要(毎月)
ポイント比較

楽天koboのSPU、獲得上限は500ポイント。

SPUをキープするためには、毎月3,000円(税込)以上の購入が必要となります。

アプリの違い

楽天マガジンと楽天koboは別のアプリで利用することになります。

楽天koboの一つの特徴は無料作品がアプリ内で表示されること。

また最近追加した本がいちばん上に表示される設定になっていますので、読もうとする本は大抵探さなくても表示されている状態でしょう。

一方で楽天マガジンは、アプリの中でトレンド記事や人気雑誌、カテゴリーごとの雑誌が一目で見れるようになっています。

アプリの中から読みたい雑誌を探すのに役立ます。

まとめ

詳しく比べてみましたが、いかがだったでしょうか?

楽天マガジン楽天kobo
サービス内容雑誌を対象に読み放題電子書籍の購入のサービス
楽天ポイント 使う
楽天ポイント 貯まる
SPU×〇 条件あり
楽天マガジンと楽天koboの比較表

電子書籍を利用しだすとメリットもたくさんあって辞められなくなります。

買いに出かける必要もなく、いつでも買えて、すぐ読める。

忙しい人は、本を選ぶのにも時間がかかりますがその手間がなくなるのは嬉しいのではないでしょうか?

楽天マガジンと楽天koboはどちらも電子書籍を扱っていますが、まったく違うサービスです。

楽天マガジンには無料期間もありますので、お試しで利用してみるのもおススメです。

楽天マガジンには、無料お試しだけでなくポイントがもらえたり料金が安くなるキャンペーンが開催されることも少なくありません。

開催中のキャンペーンについてはこちらをご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました