【クレカ無しでも大丈夫‼】雑誌読み放題を支払い方法で選ぶ方法 おススメサービスも紹介

この記事には広告を含む場合があります。
記事内で紹介する商品を購入したりサービスを利用することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

雑誌読み放題のサービスを利用してみたいけど、

「クレジットカードを持っていない」

「他の支払い方法があるなら試しに利用してみたい」

という方もおられるのではないでしょうか。

この記事では、雑誌読み放題のサービスの支払い方法を徹底比較します。

支払い方法別にまとめますので、考えておられる支払い方法でサービスを選んでみてください。

基本的に、以下の支払い方法が選べます。

雑誌読み放題 支払い方法一覧
  • クレジットカード
  • キャリア決済(ドコモ、ソフトバンク、au)
  • 銀行口座引落(Yahoo!ウォレット)
  • QRコード決済
  • その他

支払い方法から選べるおススメの雑誌読み放題サービスも紹介していますので、支払い方法からサービスを選びたい方はぜひ最後までご覧ください。

【選べる支払い方法】各社の雑誌読み放題サービスの支払い方法 一覧

クレジットカードデビットカードキャリア決済口座引落プリペイドカードQRコード決済その他
楽天マガジン
dマガジン
ブック放題
Yahoo!
ウォレット
タブホ
amazonPay
コンビニ払い
ネット回線と合算
ブックパス
au Pay

au Pay
auかんたん決済
Kindle Unlimited
PayPay
amazonギフト券
後払いペイディ
読み放題プレミアム
Yahoo!
ウォレット
雑誌のサブスク 支払い方法一覧

楽天マガジン

楽天マガジンは、雑誌読み放題で総合満足度NO.1のサービス。

雑誌の読み放題をお試ししてみたい方には最初におススメしたいサービスです。

しかし、支払い方法はクレジットカードかデビットカードのみ

しかもデビットカードは、月次決済に対応しているカードの必要があります。

おそらくこのページをご覧になっている読者様は、クレジットカード以外の決済方法をお探しでいらっしゃると思います。

もし月次決済のデビットカードをお持ちでしたら、まずは楽天マガジンを試してみて下さい。

楽天マガジンの決済方法についてさらに詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

dマガジン

hi-zi
hi-zi

ドコモの携帯を使っている人は、キャリア決済できるよ‼

dマガジンは1200誌以上が対象となっています。

楽天マガジンと並んでラインナップはトップクラス。

dマガジンは、ご契約状況により選べる支払い方法が異なります。

【ドコモのケータイ回線をご利用のお客さま】
・電話料金合算払いまたはdポイント払いのみ。

【ドコモのケータイ回線以外をご利用のお客さま】
・クレジットカード払いまたはdポイント払いのみ。

ブック放題

su-zi
su-zi

ブック放題も充実のラインナップ‼

ブック放題の支払い方法は、3パターン。

携帯電話をソフトバンクで利用しておられる方は、合算することができます。

ソフトバンク会員
ソフトバンクの携帯電話料金と一緒にお支払できる。

一般会員
・Yahoo! JAPAN IDでご登録のお客さまは、Yahoo!ウォレットでお支払いただけます。
・メールアドレス、またはSNSアカウント(LINE、facebook、Twitter)、AppleIDでご登録のお客さまはクレジットカードでお支払いただけます。

ブック放題はYahoo!系列のサービスですから、Yahoo!ウォレットが利用できます。

Yahoo!ウォレットが使えるということは、銀行引落ができるということ。

しかし、利用できる銀行口座はpeypey銀行、楽天銀行に限られます。

hi-zi
hi-zi

口座引落にこだわる方は、ブック放題か同じYahoo!系列の読み放題プレミアム‼

タブホ

su-zi
su-zi

タブホの決済方法はコンビニ払いが選べることが特徴‼

タブホは、550円で1000誌以上が読み放題になるサービス。

次の決済方法が選べます。

  • クレジットカード
  • amazon Pay
  • コンビニ払い
  • インターネット回線との合算が可能な場合がある

ブックパス

ブックパスはauが提供している雑誌読み放題のサービス。

2種類のコース(総合コース、マガジンコース)から選ぶことができます。

雑誌コミック料金
総合コース618円
マガジンコース××418円
ブックパスまとめ

マガジンコースでは、対象誌が300誌以上となっています。

支払い方法は以下の方法から選べます。

  • クレジットカード
  • au PAY
  • auかんたん決済

au PAYにはプリペイドカードがあるため、クレジットカード無しでも利用できるはず。

プリペイドカードは、ローソンにて現金でのチャージも可能。

Kindle Unlimited

amazonが提供するKindle Unlimitedは最も多くの支払い方法が選べる読み放題サービスです。

本を合わせた対象誌が200万冊と圧倒的な量を誇るサービス。

支払い方法は以下の中から選ぶことができます。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • amazonギフト券(プロモーションコード)
  • あと払いペイディ
  • キャリア決済
  • PayPay

支払い方法の種類も圧倒的。

Kindle Unlimitedでは、本も大量に読み放題となるためかなり満足度の高いサービスです。

読み放題プレミアム

hi-zi
hi-zi

口座引落にこだわるなら、Yahoo!ウォレットを利用しよう

読み放題プレミアムは、Yahoo!が提供する雑誌読み放題のサービス。

110誌以上が対象となります。

読み放題プレミアムは対象誌が少ないと感じられるかもしれませんが、

実際に利用してみると

「かなり使いやすい」

「有名チェーン店のクーポンもあり、コスパが良い」

と、十分なパフォーマンスのあるサービスです。

こちらから

Yahoo!プレミアムに登録すると、読み放題プレミアムを楽しむことができます

Yahoo!プレミアムの支払い方法は以下の通りです。

Yahoo!プレミアムの会員費は、Yahoo!ウォレットに登録したお支払い方法(クレジットカード、もしくはYahoo! JAPAN指定銀行の銀行口座)に請求されます。

Yahoo!JAPAN指定銀行とは、PayPay銀行、楽天銀行です。

Yahoo!が提供するサービスですが、現状はPayPayではお支払いできません。

Yahoo!ウォレットを利用しようとした場合には銀行が指定されてしまいますが、PayPay銀行なら15歳から可能です。

PayPay銀行の口座を作って、雑誌読み放題を楽しむことができます。行

※PayPay銀行の場合、デビットカードを利用できるようになりますが、即時決済のタイプのため楽天マガジンは利用できません。

PayPay銀行を利用した支払いの場合は、ブック放題か読み放題プレミアムがおススメです。

【決済方法別‼】 雑誌読み放題のおすすめサービス

hi-zi
hi-zi

支払い方法は決まっているけど、どれにするか迷ってるんだよね

su-zi
su-zi

では、支払い方法別におススメサービスを紹介します。

クレジットカード

クレジットカードで支払いができるなら、楽天マガジンが一番のおススメ。

対象誌も文句なしの1200誌以上。

キャンペーンを行っていることも多くあり、年払いで初年度が半額で使えるということもあります。

雑誌読み放題のサービスでは、王道かつスタンダードなサービス。

デビットカード

su-zi
su-zi

デビットカードで利用できるおススメは、Kindle Unlimited‼

hi-zi
hi-zi

楽天マガジンもデビットカード使えるんじゃないの??

su-zi
su-zi

楽天マガジンの場合は、デビットカードでも月払いのものに限られるんだよ

Kindle Unlimitedは200万冊が本を含めて読み放題。

残念ながら、デビットカードで支払える雑誌読み放題のサービスは限られてしまいます。

Kindle Unlimitedなら本も、雑誌もバックナンバーまで多くが楽しめます。

プリペイドカード

プリペイドカードを使って雑誌読み放題のサービスを利用したいなら、ブックパスを選べます。

au payには、プリペイドカードがありこれを利用して支払うことができます。

入金もローソンにて可能。

コンビニ払い

コンビニ払いを選べるサービスは、「タブホ」か「Kindle Unlimited」。

おススメはタブホです。

支払いは精算機で操作することが必要になります。

こちらから確認してください。

Kindle Unlimitedも、後払いペイディを利用してコンビニ払いすることができます。

ただこちら、一括でも390円の手数料がかかります。

雑誌の読み放題として利用したいなら、タブホの方が料金も安く同じコンビニ払いを選べます。

雑誌だけでなく、本も読み放題に加えたいならKindle Unlimitedは最高のサービス。

たくさんの本を読むなら、手数料がかかっても十分にもとが取れるサービスと言えます。

キャリア決済

各サービスで携帯電話との合算が可能です。

サービス名料金キャリア決済
ドコモdマガジン440円
ソフトバンクブック放題550円
auブックパス418円×

3大キャリアの携帯電話を使っておられるなら、各サービスで連携が可能。

各キャリアの格安SIMはどうなる?

dマガジンの場合、ドコモのサブブランドでも合算が可能です。

ソフトバンクやauは、調査しましたが分かりませんでした。

今後、分かりましたら記事を更新したいと思います。

キャリア決済の場合には、基本的にサービスとキャリアを合わせる必要があります。

3大キャリアならOK Kindle Unlimited

amazonが提供するサービスは、支払い方法が多く便利ですね。

Kindle Unlimitedなら、ドコモ、ソフトバンク、auのどのキャリアでも支払いが可能です。

QRコード決済

QRコード決済が選べるのは、以下の3つのサービスになります。

  • タブホ
  • ブックパス
  • Kindle Unlimited

この中で雑誌のサブスクとしておススメなのはタブホです。

Kindle Unlimitedは、本も読み放題に同時になりますのでどちらかというと本も読みたい人向け。

雑誌に特化しているのはタブホの方。

タブホはAmazon Payで払うことができます。

一方で、PayPayで決済したい方も多いと思います。

その場合は、やはりKindle Unlimited。

一度、試してみると対象誌の多さに圧倒されます。

学生OK‼雑誌読み放題サービスを利用するための簡単3ステップ‼

学生であればクレジットカードを持つことが難しいため、雑誌の読み放題がコスパが良いと分かっていても利用できないと考えていませんか?

また、事情があってクレジットカードが持てない人もおられると思います。

次の3つのステップで利用できるようになります。

  1. PayPay銀行の口座開設
  2. Yahoo!ウォレットに登録する
  3. ブック放題 or 読み放題プレミアムを利用する

もちろん、未成年の方はご両親に相談してみてくださいね。

雑誌読み放題サービスを登録してみよう!

この記事では、たくさんのサービスを紹介しました。

雑誌読み放題のサービスも探せば様々な支払い方法があります。

雑誌の情報をおトクに取り入れることができる良いサービスですから、

ぜひご自身に合うサービスを選んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました